読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road To 2057

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

フィラ〜メン・シリーズ #10 「東洋水産 焼そばBAGOOOON 甘口ソース」

第122回 平成29年(2017年)4月21日(金)

 東洋水産から出ている、「焼そばBAGOOOON 甘口ソース」を食べました(^o^)

 

▼パッケージです。焼そばバゴーンって、だいぶ昔によくTVCMが流れていましたけど、また復活したのかな?やっぱり、わかめスープ付きです(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170420235930j:plain

 

▼カップ焼そばって、外のビニールを取ると、恐ろしいほどの無機質になりますよね〜(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170420235922j:plain

 

▼昔の焼そばバゴーンは、確か、湯切りのお湯でわかめスープを作る仕様だったはずでは…。でも、蓋の作り方には、新しいお湯を入れる、となっていました。都市伝説?違うメーカーのやつだったかな?

f:id:tamuraic:20170420235913j:plain

 

▼袋が3つ入っていました。火薬と液体ソースとわかめスープ(粉末)です。

f:id:tamuraic:20170420235902j:plain

 

▼まず麺の上に火薬をあけます。

f:id:tamuraic:20170420235852j:plain

 

▼そして、お湯をイン。

f:id:tamuraic:20170421000106j:plain

 

▼3分待つ間、わかめスープをスタンバイです。1月のブログでは、長年使った阪神タイガースのマグカップからマリメッコのウニッコデザインのマグカップに世代交代、と書きましたが、マリメッコのやつは大きすぎたので、阪神タイガースのやつが見事にカムバックです(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170421000056j:plain

 

こんな感じのわかめスープの粉末です。

f:id:tamuraic:20170421000047j:plain

 

▼3分経って、湯切りです。フィラ〜メンシリーズ10回目にして初の、メーカー推奨の作り方に反旗を翻しました。湯切りのお湯でわかめスープを作りました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170421000037j:plain

 

▼湯切り後の様子です。わかめスープには脂がたくさん浮いていて、結構中華風?カロリーは過多かも(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170421000027j:plain

 

▼液体スープを投入し…

f:id:tamuraic:20170421000151j:plain

 

▼よくかき混ぜていただきます。甘口ソースが麺に絡んで、安定の美味でした。わかめスープは…キレイなお湯を入れたほうがいいかも(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170421000142j:plain