読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road To 2057

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

隅田川にかかる清洲橋を渡りました!《橋を渡ってみるシリーズ #4》

第111回 平成29年(2017年)4月10日(月)

 昨日のブログでは、東京の水天宮という神社に行った、ということを書きました。

 

 水天宮をお参りした後は、隅田川に架かる、「清洲橋(きよすばし)」という橋を渡りました(^o^)

 

 清洲橋は、中央区中洲と江東区清澄を結ぶ橋で、それぞれの頭文字を取って「清洲」と名付けられたんです。

 

 先月のブログで書いた言問橋と同様、関東大震災後の帝都復興計画の一環として、昭和3年(1928年)に竣工した橋です。下流の永代橋とともに「震災復興の華」と呼ばれ、とても優美な橋となっているんです。

 

▼完成当時、世界一美しいと言われた、ドイツ・ケルンのヒンデンブルク橋をモデルに作られた吊り橋です(^o^)

f:id:tamuraic:20170409232100j:plain

 

▼川岸から見上げるような角度でも1枚。永代橋が男性美である一方、清洲橋は女性美のシルエットの代表的な橋と言われているそうです。

f:id:tamuraic:20170409232040j:plain

 

▼ちょうど、船が通りました*\(^o^)/*

f:id:tamuraic:20170409232050j:plain

 

▼反対側の角度からも。

f:id:tamuraic:20170409232141j:plain

 

▼橋の上からも撮りました。

f:id:tamuraic:20170409232029j:plain

 

▼吊り橋のケーブルを支える主塔のアップです。カッコイイです!

f:id:tamuraic:20170409232155j:plain

 

▼2007年には永代橋、勝鬨橋とともに、国の重要文化財に指定されました。そのことを説明する碑もありました!

f:id:tamuraic:20170409232109j:plain