読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road To 2057

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

高尾山のケーブルカーに乗りました(^o^)

第21回 平成29年(2017年)1月10日(火)

 昨年の大晦日の記事で、東京都八王子市の高尾山にある、高尾山さる園に行った、ということを書きました。

 

 さる園には、高尾登山電鉄のケーブルカーを使って行きました。今日から3日間は、ケーブルカーの写真や、山上での写真、美味しいお団子の写真などを掲載します(^o^)

 

▼登山口にある、ケーブルカーの「清滝駅」です。京王高尾線の高尾山口駅から歩いて5分くらいのところにあります。

f:id:tamuraic:20170109131318j:plain

 

▼切符売り場です。片道大人一人480円ですが、往復で買うと930円と少しお得です。

f:id:tamuraic:20170109131328j:plain

f:id:tamuraic:20170109130523j:plain

 

▼自動券売機です。Suicaも使えました!

f:id:tamuraic:20170109130513j:plain

 

▼この日は定期点検中で、少し間引き運転がされていました。出発時間前には、少しだけ並んでいる方がいました。

f:id:tamuraic:20170109130502j:plain

 

▼出発5分前くらいに、改札が開きました。自動改札ではなく、昔懐かしい、駅員さんがハサミを入れるタイプです。

f:id:tamuraic:20170109130452j:plain

f:id:tamuraic:20170109131127j:plain

 

▼一番前に立って撮りました。なんかワクワク(^o^)

f:id:tamuraic:20170109130441j:plain

 

▼運転席も撮りました。

f:id:tamuraic:20170109130718j:plain

 

▼さすが、高尾山薬王院の安全祈願のお札も貼ってありました(^o^)

f:id:tamuraic:20170109131116j:plain

 

▼先ほど「運転席」と書きましたが、実は運転席は電車の車両内ではなく、山上にあって、上から2つの車両をコントロールしてるんです。だから、この方は「車掌さん」なんです。乗客の乗降や前方の安全確認をしたり、また、運行中はマイクで観光案内もしています。

f:id:tamuraic:20170109130635j:plain

 

▼しばらく行くと、1つ目のトンネル。

f:id:tamuraic:20170109130703j:plain

 

▼トンネルを抜けると、山の木々を見ながら進みます。もう少し早い時季なら、キレイな紅葉も見られたと思います。

f:id:tamuraic:20170109130648j:plain

 

 さて、この高尾山のケーブルカーは、交走式(つるべ式)という方式で運行されています。

 

 これは、ケーブルの両端に電車の車両がそれぞれ付いていて、井戸のつるべのように、山上を支点に交互に上り下りしている方式なんです。

 

 だから、登山口と山上の駅は、出発時間は同じで、ちょうど中間地点で2つの車両がすれ違うようになってるんです。

 

▼さあ、すれ違いのポイントに来ましたよ〜!線路をよく見てください。私が乗ってる車両(上り)は左側に進むのですが、ちゃんとケーブルで引っ張られてますよね〜。でも、反対側(下り)の線路の真ん中には、ケーブルがありません。

f:id:tamuraic:20170109130621j:plain

 

▼そして、中間地点で、山上から降りてきた、「もみじ号」とすれ違いです(^o^)

f:id:tamuraic:20170109130941j:plain

 

▼「もみじ号」とすれ違った後は、反対側の線路にもケーブルがありますよね〜。つるべ式の原理、わかっていただけましたか〜(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170109130928j:plain

 

▼ポイントを過ぎると、鉄橋がありました。んっ!?鉄橋の上に、なにやら人影が!

f:id:tamuraic:20170109130914j:plain

 

▼たぶん、鉄道会社の方です。高所恐怖症の方なら、足すくんじゃいますよね〜(^_^;) 右手を上げて、合図をされてました。

f:id:tamuraic:20170109130859j:plain

 

▼鉄橋を越えると、2つ目のトンネルが見えてきます。実はここ、31度18分という傾斜で、鉄道事業法で規定される国内の鉄道では、日本一の急勾配だそうです(ただ、この写真だとわかりにくいですね。1つ目のトンネルを抜けた後や、「もみじ号」とすれ違った後の写真の方が、上の方の急勾配がご確認いただけると思います)。

f:id:tamuraic:20170109130845j:plain

 

▼2つ目のトンネルを抜けると、山上駅の「高尾山駅」です(途中に駅はありません)。2・3枚目の写真の正面に見えるガラス張りの部屋が、運転席です。

f:id:tamuraic:20170109131203j:plain

f:id:tamuraic:20170109131153j:plain

f:id:tamuraic:20170109131142j:plain

 

 山上での様子は、明日のブログで!!