読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road To 2057

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

巨人軍よりも古い‼︎ プロ野球発祥の地に行って参りました!

第7回 平成28年(2016年)12月27日(火)

 昨日のブログでは、日本プロ野球発祥の地として、千葉県習志野市にある「読売巨人軍発祥の地」の碑をご紹介しました。

 

 でも、厳密に言うと、「日本プロ野球発祥の地」が習志野市だというのは、半分正解、半分不正解なんです。

 

 というのも、確かに現存するプロ野球チームで最古なのは巨人軍で間違いなく、「プロ野球」と言えば、今の日本人のほとんどがセ・リーグとパ・リーグから構成されるNPB(日本野球機構)をイメージしますので、そういう意味では「プロ野球発祥の地」で間違いはないのですが、日本で初めて野球チームでプロ化を宣言したのは、巨人軍結成より14年前の、大正9年(1920年)に発足した「日本運動協会」(通称・芝浦協会)です。

 

 このチームはたんにプロ化を宣言しただけでなく、現在の東京都港区海岸3丁目、ゆりかもめ芝浦ふ頭駅近くにあった「芝浦球場」という専用球場を持ち、入場料を取って野球の試合を見せていて、形態としても完全なプロチームだったのです。でも、大正12年の関東大震災でチームを解散することになってしまいました。

 

 芝浦球場があった場所は、現在は少年野球場になっていますので、行って見て参りました(^o^)

 

▼芝浦ふ頭駅から歩いて5分くらいで、鮮やかな緑色のグラウンドにたどり着きました!

f:id:tamuraic:20161208075026j:plain

 

▼正面に回ってみました。今は、港区立埠頭少年野球場となっています。

f:id:tamuraic:20161208075005j:plain

 

▼球場の脇に、芝浦球場があったことを紹介する看板が立っていました(^o^)

f:id:tamuraic:20161208074944j:plain

 

▼看板の脇にはスタンドに上がれる階段がありました。

f:id:tamuraic:20161208074955j:plain

 

▼行ったのは日曜日で、少年野球の試合が行われていたので、スタンドに入ることができました!4列のスタンドがあり、グラウンドの脇にはブルペン(ピッチャーが投球練習をする場所)もあり、少年野球場とはいえ、なかなか立派な野球場です。

f:id:tamuraic:20161208081929j:plain

f:id:tamuraic:20161208081915j:plain

f:id:tamuraic:20161208075016j:plain

 

▼スタンドの横からは、金網越しにグラウンドレベルでも見ることができます。たくさんの保護者の方が見ていらっしゃいました。

f:id:tamuraic:20161208075059j:plain

 

▼全面人工芝で、プロ野球の球場のミニュチュア版、といった感じの、とてもいい野球場でした!

f:id:tamuraic:20161208075110j:plain